マンション購入と返済シミュレーション

マンション購入と返済シミュレーション

北向きの部屋

本来、売りに出されたマンションで最初に売れていく部屋というのは、南側にリビングがある部屋だと言われています。
それはマンションだけに限らず、一戸建てであっても、リビングの向きが南側になっている物件というのは、とても人気があり、はやくに売れていくと言われています。
ですが、最近ではその南向きの物件ではなく、北向きの物件が好評だと言われています。
理由としては、マンションなどの場合、北向きであっても日当たりは良いということです。
一戸建ての場合などは、隣家との家の関係で日陰になってしまう場所があるかもしれませんが、高層マンションの場合、北向きであっても、それを遮るものがないかぎり、あかりは入ってきます。
そのため、薄暗いということはありません。
また、費用の面でも、南向きの部屋の価格というのは、他の部屋に比べて高い設定がされています。
昔は、価格を高く設定していても、それだけ南向きの部屋を望む人が多かったことで、順調に売れていました。
ですが、最近では必ず南向きでなければいけないということはないという人が増えてきているため、価格も他の部屋と大きな差はない設定になってきているようですが、それでもやはり、まだ少し高い設定にしているところはあるようです。
そのため、費用のことを考えて、あえて北向きの部屋を購入するという人が増えてきています。
南向きの家というと、ひとつのステイタスのように感じられていた頃もありましたが、最近ではなるべく住宅にかける費用というのを少なくしたいという人が増えていることから、自分が余裕を持って購入することのできる範囲の物件を購入する傾向になってきているようです。
特に、若いカップルにその傾向が大きいようです。
住宅の購入というのは、収入の大半をローンの返済に充てなくてはいけないので、非常に大きな買い物です。
人から素敵な家だと言われることは優越感がありますが、それだけではなく、自分たちの収入で余裕のある返済ができる物件が良いと思います。